ワードプレス導入の準備からインストールまで

ワードプレス

ワードプレスとは簡単にホームページが作れるように設計された無料のオープンソースです。ワードプレスの管理画面上で高度なHTMLやスタイルシートの知識や面倒な操作を極力なくして、ホームページ全体や、ページ単位での記事投稿、画像挿入などの編集加工が容易にできます。

つまり、ワードプレスをインストールすれば、誰でもブログやホームページが作れます。
もう少し掘り下げて解説しますね。

ワードプレスとは

専門的なコードを入れずにホームページを作成できます

はてなブログやアメーバブログ、ライブドアブログなど一連の無料ブログの各種デザインテーマは、すべてワードプレスをカスタマイズしたものです。こうした無料ブログと同様に面倒なHTMLなどのタグを入力すせずに管理画面からテキストを書いて、必要な装飾ボタンなどを押していくだけで個別ページの編集、加工ができるのがワードプレスが世界的に普及した理由です。(下図は「はてなブログ」管理画面)
はてなブログ

こちらがワードプレスの編集画面です。だいたい同じです。
ワードプレス

ワードプレスの長所・短所

ワードプレスは取り組みやすい反面、無料のオープンソースということで、多少の長所・短所があります。ワードプレスを使用する場合、なんでもかんでも簡単にできることではありません。
ちょっとしたカスタマイズをするなら、HTMLやスタイルシートの知識が求められます。

長所

ワードプレス長所

  • 無料で使える
  • ブログ感覚で手軽にWebサイトの制作・更新ができる
  • 初心者でも多くの機能を使える
  • 無料デザインテンプレートの種類が豊富

短所

ワードプレス短所

  • 無料電話のサポートがない
  • HTMLやスタイルシートの知識がないとカスタムが難しい
  • 独自ドメインやサーバーの設定が必要
  • 集客力のあるデザインにこだわるなら、有料テーマが必要

注意
WordPreseとよく勘違いされるのが、「WordPress.com」というのがあります。こちらは、ソフトウェアをダウンロードすれば課金されるので注意してください。無料で自由にWEBサイト制作ができるのは、WordPress.orgのほうです。

WordPress導入の流れ

WordPress導入には独自ドメインが必要

WordPressをインストールして、自分だけのWEBサイトやブログを作るには「ドメイン+サーバー(いずれも有料)」が必要になります。
wordpress.comという無料サービスがありますが、ワードプレスとはどんなものかを経験するなら、利用もおすすめしますが、こちらは何かと利用制限がついたり、提供元から広告が表示されるので使いづらいです。
ちゃんとした自分のオリジナルなサイトを作り、普通に使いたいのであれば、費用も年間で3,000円程度ですから「ドメイン+サーバー」を用意しましょう。
ドメインは自分のWEBサイトの住所のことで、サーバーはワードプレスをインストールして格納する場所です。

オリジナルドメインを取得する方法は色々ありますが、利用者が一番多いお名前.comは格安に取得できます。サーバー契約もできるので初心者にも人気があります。
弊社も数個は取得していますが、今後はサイトを増やしたいとか、多様な機能を求めるなら、次の3社のいずれかがおすすめです。

WordPress導入にはサーバーが必要

ワードプレスを導入して、ブログやWEBサイトを作るにはWordPressのシステムに対応したサーバーが必要になります。
そして、Wordpressに対応したレンタルサーバーと契約すれば、管理画面(サーバーパネル)にある「自動インストールをする」を使えばボタン一つで、ワードプレスは簡単にインストールできます。
もう少しでWordPressがインストールできるので、がんばってください。

ドメイン取得、レンタルサーバーの契約の流れをエックスサーバーを例として紹介します。

エックスサーバーの管理画面から申し込みする

URL:https://www.xserver.ne.jp/を開くと下図が表示されます。
赤い枠の「お申込み」をクリックします。

初めての方は下図の通り、「10日間無料お試しサービス」の申し込みをしてください。

「X10プラン」を選択します。
下図のプランを選択する画面が表示されるので「X10プラン」を選択します。
そして、「WordPressクイックスタート」するにチェックマークを入れます。

※もし、10日間無料サービス終了後にエックスサーバーを契約しないなら「チックマーク」はしません。

「利用規約に同意する」にもチェックして、次へ進みます。

10日間無料サービスが終了する前に本契約をする

10日間無料サービスが終了する前にエックスサーバーから、終了お知らせメールが届くので、ここで本契約をします。
支払い方法はクレジットカード、振り込みを選択できます。
ドメイン取得もエックスサーバーで行えるので、今後の更新手続きなども考えるとクレジットカードが便利です。
クレジットカード情報を登録して支払い完了をします。

ドメイン取得もエックスサーバーでできます

独自ドメインの取得もエックスサーバーの同一画面で利用できます。
エックスサーバーをレンタル契約の特典として、お好きな独自ドメインが無料で設定できます。
1年以上の契約申し込みをすれば初期設定費用(3,300円)や、ドメイン初年度費用も含めて永久無料になりますので、ぜひ利用してください。
Xserverで独自ドメインを取得するはこちら

WordPressをインストールする

ドメイン取得、レンタルサーバーの契約が済めばWordPressは簡単にインストールできます。
エックスサーバーを手順として紹介します。

エックスサーバーを含めて、メジャーなレンタルサーバーには、Wordpress自動インストール機能があります。
使い方は各社共通で、サーバーパネル(下図参照)より「WordPress簡単インストール」をクリックしてください。
ワードプレスインストール

1:「WordPressインストール」をクリックします。
ワードプレスインストール手順

2.WordPressのインストール設定
各項目を入力し、最後に「確認画面へ進む」をクリックします。。
ワードプレスインストール手順

WordPressで作れるもの

ワードプレスの汎用性は広くさまざまな業種のWEBサイトが作れます。ワードプレスは作りての思惑通りのデザインにカスタマイズできるため、初歩的な個人ブログから高度な企業サイトまでに利用されます。WEBサイト制作会社においてもワードプレスを専門にする所が増えています。

テーマとはテンプレートのことでデザインのひな型ともいえます。Wordpressをインストールすれば、公式ディレクトリに登録されているテーマだけでも数百種類もあり、すべて無料で使うことができます。テーマは見た目やレイアウトを変更できるだけではなくて、地図を表示したり、問い合わせやショッピングなどに内容や機能なども設定することもできるので、いろいろなテーマを試してみるのもいいかも。

WordPressで作成できるWEBサイトには大まかに次のようなジャンルがあります。これはあくまでも一部で、同一テーマでも作り手によって「コーポレートサイト」になったり、あるいはギャラリーサイトになったりとバリエーションも豊富にカスタマイズできます。
そのため初心者でもデザイン性に優れた個人ブログや大規模なWEBサイトが簡単に作れる高機能なWordpressテーマも開発されており、テーマを購入すれば、自社用のWEBサイトも格安に作れるなど色々なメリットがあります。これ以外に、完全にオリジナルなテーマを作るとすれば、HTMLやスタイルシート、PHP,Javaといった専門的な知識が必要になります。

コーポレートサイト

企業、団体、組織などの顔となるWEBサイトのことです。事業内容、サービス、商品、求人など企業情報を掲載します。
コーポレートサイトが簡単に作れるテーマの一例を紹介(画像をクリックでデモサイトが表示されます)

FAKE
求人・人材募集サイト
FORCE
ANTHEMEtcd083
TCDテーマnano

このほかにも色々なデザインテーマが有料で発売されています。

メディアサイト

ローカルメディア、オウンドメディアなど地方や団体などの情報発信サイトとしてもワードプレスの利便性は遺憾なく発揮されます。
大量の記事を投稿できるだけでなく、時系列で管理できたり、記事内容に応じた広告表示や、読者が見やすいようにカテゴリ分けなどもできます。
次のようなメディサイトが作れるテーマの一例を紹介(画像をクリックでデモサイトが表示されます)

ANTHEM
AVANT
RUMBLE
EVERY TCDテーマ

ECサイト

ショッピング専用のサイトも作れるし、下記のような専用テーマも発売されています。
ショッピングサイトを素人が簡単に作れるものでもないのですが、WEBサイト制作会社にオーダーすれば50万円以上の製作費用がかかりますが、あらかじめ用意されているWooCommerceやWelcartなどのプラグイン機能がついたテーマを使えば高機能なショッピングサイトが作れる経済的なメリットもあります。
またECサイトテーマもどれでもよいわけでなく、適切な保守管理ができるテーマを購入しましょう。少し割高にはなりますが、外注するよりは、断然安く利用できます。
おすすめのECサイトテーマの一例をご紹介します。

ギャラリーサイト

WEBデザイナーや写真家、芸術家、ミュージシャン、その他芸術も含め写真や動画など豊富に紹介できるWEBサイトです。デザイン性にも優れているので、すぐにでも自分の作品やPR情報などの、ビジュアルコンテンツを一流の領域でもって発信できます。
おすすめのギャラリーサイトテーマの一例をご紹介します。

ランディングページ

通称LPサイトのことです。商品やサービスを販売する目的で作られるの縦長サイズのWEBサイトです。
特にランディングページは、作れば終わりでなく、作ってからその目的である「収益性」を発揮してもらわないと困りますので、LPサイトつくりになれた僕たちの会社や専門家に委託する割合も多いです。それでも自社でLPを作れる下記のような高機能なLPテーマをありますので、一例を紹介します。

ブログ

個人ブログだけでなく、企業の情報発信ブログとしてもWordPressの利用範囲は広いです。
無料で手軽に始められるテーマから、お洒落で高機能なブログまでさままです。
どうせ作るなら、かっこいいデザインで扱いやすいテーマがいいですよね。
そんなテーマの一例を紹介します。

関連記事

  1. ワードプレス向けレンタルサーバー

    WordPressが自動インストールできる低価格のレンタルサーバー

  2. WordPress画像加工

    ファイヤーワークスで画像を丸く切りとったり、ぼかしたりする

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA