医療機関向けテーマTCDのCUREを購入して色々感じたこと。

WordPressテーマ

前々から、医師向けの求人サイトを作ってみたいと思っていたので、TCDの医療向けテーマCUREを購入した。
ダウンロードして、手を動かしてみてわかったことだけど、美容、医療に限らず、電話予約や診療予約、セミナー予約、受講など、相手からのアプローチをメインとする業種におすすめのテーマです。
僕のお気に入りの機能であるコンテツビルダーを使えば、デモサイトのような黄色いカッコで囲んだ機能はすぐに作れます。
ヘッダー

大事な告知を簡単に設定できます

トップページのヘッダーの一番上にあるアラート機能になる「緊急告知」ですが、この機能はTCDオプションから、簡単に設定できます。

htmlやスタイルシートなどの知識が浅い人が、CUREのデモサイトのようなサイトを作るのが難しく感じると思いますが、まったく心配ないと思います。

CUREには医療系のサイトに必要な機能が充実

クリニックの特徴や診療科目、院内設備、スタッフ紹介、料金、サービス、予約機能など等。
ユーザーに向けての必要な情報記事が、一つひとつわかりやすく作り込むことができます。

例えば「クリニック紹介」ですが、あらかじめ「クリニックを紹介する」オプションが用意されているので、掲載したい画像やテキストを入力していくだけで、まずヘッダー部分があっという間に完成します。

さらに「コンセプト」部分。ここは他院との違いを表現するだけでなく、ユーザーに向けての安心感、信頼感を与える上で重要なコンテンツです。
画像のように院長または、医師、あるいは看護師さんのどちらかを掲載する。または違うジャンルでこのCUREを使えばそのジャンルにあったイメージ画像を掲載できます。

そして院内設備をデモサイトのように、ブロックでわけて掲載すれば、見た目もかっこいいサイトが作れます。
こうした画像を並列にしたり、画像を丸くカットするのもで、自動的にできるようになっているのが凄いです。
こうしたカスタマイズを外注するだけでも数万円かかるので、非常にコストパフォーマンスがいいです。

フッター部分にある「オンライン予約」「カレンダー」「電話番号」は、全ページに設定されているので、ここもテーマオプションから簡単に設定できます。

予約機能で医療系以外のジャンルでも対応

CUREは表向き医療系テーマなので、医院、美容院、整骨院などのサイト作りにおすすめですが、「予約」を必要とする占い、マニュキア、セミナー、講師、教室などのジャンルにもおすすめできます。

CUREの詳細を見る

関連記事

  1. 女性向けブログテーマChillの使い方:シンプルでオシャレな趣味のブロ…

  2. TCDテーマ

    TCDメディアサイトテーマRUMBLEの使い方:テキストのホバーリンク…

  3. FAKE作り方

    FAKEの使い方~固定ページが勝手にビジュアルページになるを解決

  4. Web制作 / ホームページ制作

    TCDのランディングページでアフィリエイトサイトを作る提案

  5. TCDブログテーマZEROの使い方:広告スペースの不具合~アドセンスが…

  6. 企業の顔となるコーポレートサイトが簡単に作れるNANO

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA